読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知的マッチョが突き進む!

常に高みを目指すアホな京大生の努力の軌跡。

浪人生がまず覚えておくべき3つのこと【受験戦略】

受験 浪人生

浪人生×京大生はまあ珍しくはないのですが、浪人経験者の中では優れていた方だと思うので、その知恵というか戦略を伝えていこうと思います。

 

さて、受験勉強においては合格するまで意識しておいたほうが良いことが何個かあるのですが、今回はその中でも行動に移しやすい3つのことについて書きます。

 

1.合格者数から目標を設定する。

2.戦略を立てるなら、まず自分の現役時の反省から。

3.性格分析は一度はしておく。

 

この3つです。

順に説明していきます。

 

とその前にまず自己紹介から。

0.自己紹介

僕は京都のとある公立高校出身で、その後河合塾大阪校で浪人をしていました。河合塾大阪校では「エクシード京大文系」というコースに通っていました。エクシード京大文系(以下EV)クラスは、現役の時に優秀な成績を収めてはいたが不合格になってしまった層を対象としており、京大への合格率は大体80%くらいと言われているちょっとイケてる()クラスです。

実績を書いておくと、京大模試では夏秋全てで冊子掲載を果たし、うち3回は京都大学経済学部で1桁の順位の成績でした。河合塾にはスカラシップという制度があり、成績優秀者に対してお金をキャッシュバックするというシステムがあるのですが、前後期とも表彰されています。

自分が浪人してる時に優秀な浪人生って何してたんだろうか?って調べると、全く出て来なかったので悲しくなったのでちょっとお手伝いしたいなと思い、記事を書きます。

f:id:lucky0508:20160901235912j:plain

 

 

1.合格者数から目標を設定する。

何をすればいいかというとものすごく単純なのだが、目標を立てるときに意識するのは、偏差値よりも受験者に対して自分が何番かという方が良いんです。

具体的には、自分は合格者の上位〇〇%に入っておく!という目標を立てる。
この目標はかなり現実を反映しており、立ち位置も分かりやすいと思います。

 

 

これは僕も落ちてから気づいたんですけど、受験って「"その時”の受験生の中から"定員"を満たすまで上から順番に取っていく」方式なんですよね。

受けに来た人たちとの椅子取りゲームなんです。

大げさに言うと、めっちゃ勉強できない人たちだけが東大を受験しても東大はその中から定員を満たすまでは人を取らなければならない。

対数が命なんです。隣りにいる人に勝てばいいっていうのはある意味真実なんです。

受験は当日の会場の人との勝負。過去のデータや模試で取り敢えず書いてきた人はガン無視で大丈夫です。人間はおそらく目標がリアルであればあるほど頑張れると思います。よって浪人生にかぎらず現役生も、合格者の椅子を意識するべきです。

 

2.戦略を立てるなら、まず自分の現役時の反省から。

人は失敗から多くのことを学べる。浪人生は何かを失敗して浪人することになったんだから振り返りを絶対にしておくべきである。自分にフィットしたものすごく役立つ情報がたくさん得られるから。

1年前の自分がいつ何をして失敗し受験に失敗したのかを把握しておくだけで、随分景色は変わってくる。現役時、1年前と同じ失敗をしないように浪人生の1年を過ごしておけばかなり安全な浪人ライフが送れるはずだ。自分がどこで失敗しているのか、どこで失敗しやすいのかがはっきり分かるのだから。

参考までに僕が見出した大きな反省を書くと、いろいろな参考書に手を出しすぎた、本番というものを全く意識していなかった、自分にあった学習法を確立していなかったの3点にほぼ尽きた。そして時期的に失敗したこととして、秋の模試の後からのセンター試験への移行の怖さ、センター試験ボケの怖さ、センター試験からすべり止めと本番の間には時間が殆ど無いことがあがった。これらのことをあらかじめ把握していたので浪人時代はスイスイとやってのけ、周りの浪人生が性懲りなくセンター試験の移行ミスやセンター試験ボケでズブズブやられていくのを呑気に観察していた(笑)

 

自分にあった勉強法が分かる、シーズン的な失敗が防げるということで、1年前の振り返りを浪人生は是非すべきだ。

 

3.性格分析は一度はしておく

自分にあった勉強法をすべしというのは本当に色々な人が言うことで、これは本当に間違いない。自分が失敗し、改善したら大成功したから本当にそうだと思う。

でもその具体的な方法は自分で考えるんだよね。使いやすい参考書、自分のレベルに合った参考書、朝型か夜型なのか...こういった話もよく出る。これも大事なのでいつかは触れようと思う。でも欠けてる視点がある。

それが性格なのだ。大雑把か几帳面か、どういう時に快適さを感じどういうことが苦手なのか。この視点があまりにも抜けている。人間は機械じゃない。

 

さてそんな性格分析を無料でやれる素敵なサイトがある。

それは家庭教師のト◯イの公式HPだ!(ステマじゃないです)

www.trygroup.co.jp

 

僕の性格を分析したところ「完璧主義者タイプだった。苦手な点として細部にこだわり全体を見失うことがある...その通り過ぎる!!!

f:id:lucky0508:20160901235324j:plain

 

逆に強みもしっかりあるわけで。きっちりと計画をすればしっかりやり切るし、自分の勉強に対して妥協が少ないし...。そんなことを知っておいて勉強すると効率が段違いである。ちなみに僕は完璧主義者の傾向を活かして、毎日細かくスケジュールを立てたり、復習ペースをきっかり守ったり、行動を習慣化したりした。そして全体を見失わないように、参考書の数を意識して減らしたり、復習のやり方を変えたりした。効果は覿面だった。

そんな感じでまずは性格分析オススメです!!

ただ、その時の気分や自分が想起するときの状態によってこういうテストの結果は変わるものなので、あくまでも参考程度って感じの使い方でも全然問題ないと思います。

 

電車の帰りにでも見ていると思うので家についたら、志望校志望学部のの絶対数の把握と上位何%に入るかの目標設定1年の振り返り、そして性格分析

せっかく読んでもらったので是非!!!