読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知的マッチョが突き進む!

常に高みを目指すアホな京大生の努力の軌跡。

【受験前】浪人生が本番前に絶対に抑えておきたい内容

受験 浪人生

ちょっとアクセスあるってことが知れて嬉しかったので、需要ありそうな記事をバンバン上げるかもです!暇な人、疲れた人はちょいちょい見ていって下さい笑

 

今回は内容に関して書きます。

センター試験お疲れ様という人が多いと思うのですが、やはり気を抜かずにやっていきたいところ。

ところが...意外とこの時期って何をやれば良いのか分からない...。

というか、割りと私大対策やら、直前講習やらでてんやわんやして頭がグチャグチャ。

そんな感じの人も多いんじゃないかと思います。

 

今回は受験生、特に浪人生が抑えておきたい本番までの、

内容面のポイントをお伝えしようと思います。

一応、中央大学法学部、慶應大学経済学部、慶応大学商学部

そして最後に京都大学経済学部に最低点+80点で合格しているので、

そんなに間違っていないとは思ってはないはずです笑

一応対象は京大受験を控えている浪人生ですが、基礎的な部分は変わらないと思います。

 

1.今までのテキストを中心に勉強する

いや、もう正直ほぼこれだと思いますよ笑

一度、自分の取り扱ったテキスト、参考書を並べて、

「完璧だ!」といえるのかを絶対に確かめて下さい!!!

「解けるやろ笑」って気を抜かずに、一度手を動かして本当に解けるのかを確かめて下さい!

ここで焦って新しい参考書に手をだす人はあんまり結果が良くなかったです笑

僕も現役時の時は「最後の追い込みだ!」とかバカなことを言って、

色々と参考書、過去問を買いましたが、結局中途半端な完成度で終わりましたね。

キホン人間の記憶能力はあんまり高くありません。

脳の容量と定着率を考えると、今このタイミングで新しい参考書をやることは、

ほとんどプラスにはなりません。

マジで、注意して下さい!

受験の時に、本当に役に立つのは、地道に身体に刷り込ませた内容です。

今までの先生から教わった内容を思い出しながら是非何度も何度も繰り返して下さい!

(※河合塾に通っている方は、基礎シリーズのテキストを3週ほどして、やっと過去問に入っていいと思います。本当に完璧ならば一瞬で片付くので是非お願いします笑)

 

2.そんなに過去問はやらなくていい

これ言うと、一部の層からボコボコにされるのですが、

いや本当に個人的にはやらなくていいよってマジで思います笑

だって...過去問って二度と出ないやん笑

「傾向が〜」「本番が〜」とか言う人が良くいたのですが、

個人的にはズレてるなと思います。

「傾向が〜」→いや問題の毛色ぜんぜん変わるときあるやん笑

「本番が〜」→過去問じゃなくてよくない?笑

って感じで論破できます。

ってことで、模試の問題の解き直しと、

河合塾が出している模試冊子みたいなのを時間を測って解くことをオススメします!

とは言え、過去問を解かないと不安な気持ちも分かる...。

なので5年分ややっても良い。そういうルールでいこう。

僕は河合塾に通っていたのですが、駿台青本を使ってました笑

赤本よりも解答がそれっぽいし分かりやすくてオススメです笑

くれぐれも25ヵ年とかいうブレブレな参考書を使わないように!笑

(※予備校で大体過去問を扱っているということもあるので)

 

3.すべり止め対策はほどほどに…。

第一志望が国立大学ならば、

私立大学への対策はあんまりやらない方が良いと思います。

本質を見失ってはいけない。ゴールは「国立大学に合格する」ことだ。

私立大学の受験ってうまくできていて、

ちゃんと勉強できる人はすんなり合格できるように作られています。

僕は、2〜3年分だけ問いて、慶応大学を受験したのですが、

その感想は「なんや、いけるやん笑」でした。

慶應は簡単!」って言いたいのではなく、

問題がきちんと作られているからこそ、

しっかり勉強をしてきた人はブレなく解けるんだと思います。

それは、中央大学早稲田大学(若干汚い)、同志社大学とかにも当てはまると思います。

「京大に通るはずの俺が落ちるわけない!」くらいのテンションで勉強できるといいですね笑

てことで、私大入試が近づいても国立対策半分、私大の過去問半分、くらいで焦らずどっしりと構えて欲しいです。

同じことを繰り返して恐縮ですが、人間の脳みそってスゴいけど、意外とポンコツなんです。触れないとすぐに定着度が落ちます。

流石に2日前には、対策にフルコミットしても良いかもですけどバランスを考えて!

 

まとめ

テキスト中心にやろう!

過去問は五年分くらいでいい!

すべり止めはそんなにしないほうがいい!

でっす!

 

では最後に...明日も頑張ろ〜!!!